(最終更新日:2021-04-07 18:33:20)
  コンドウ ノブコ   KONDO Nobuko
  近藤 伸子
   所属   国立音楽大学  演奏・創作学科 鍵盤楽器専修
   国立音楽大学大学院  音楽研究科 器楽専攻
   国立音楽大学大学院  音楽研究科 音楽研究専攻 器楽研究領域
   職種   教授
基本情報
■ 学歴
1. 1989/04~1995/03 東京藝術大学大学院 音楽研究科 音楽専攻 博士課程修了 博士(音楽)
2. 1986/10~1988/10 ベルリン芸術大学 音楽学部 ピアノ科 卒業
3. 1984/04~1989/03 東京藝術大学大学院 音楽研究科 ピアノ 修士課程修了 芸術学修士
4. 1980/04~1984/03 東京藝術大学 音楽学部 器楽科ピアノ専攻 卒業 芸術学士
5. 1975/04~1978/03 国立音楽大学附属音楽高校 卒業
■ 職歴
1. 2016/04~ 国立音楽大学 演奏・創作学科 鍵盤楽器専修 教授
2. 2007/04~2016/03 国立音楽大学 演奏・創作学科 鍵盤楽器専修 准教授
3. 2002/04~2007/03 国立音楽大学 演奏・創作学科 鍵盤楽器専修 助教授
4. 1998/04~2002/03 国立音楽大学 演奏・創作学科 鍵盤楽器専修 専任講師
5. 1991/04~1998/03 国立音楽大学 演奏・創作学科 鍵盤楽器専修 非常勤講師
全件表示(6件)
■ 教員紹介ページ
国立音楽大学公式Webサイト Link
■ ホームページ
   Pianist Kondo Nobuko's Website
■ 資格・免許
1. 教員免許状(音楽,中学校1級,高等学校2級)
■ 現在の専門分野
芸術実践論 (キーワード:現代音楽、J.S.バッハの鍵盤作品、ベートーヴェンのピアノ作品) 
研究活動
■ 著書・論文・CD・楽譜出版歴
1. 2021/03/31 論文  ベートーヴェンの初期ピアノソナタにおける書法的特徴について ─ 第2番,第3番,第7番,第8番を中心に ─ 国立音楽大学研究紀要 55,215-223頁 (単著) 
2. 2019/03/29 論文  長期国外研究員としてのベルリン滞在-ベートーヴェンピアノソナタ全32曲をテーマとして 国立音楽大学研究紀要 53(1),305-310頁 (単著) 
3. 2018/03/31 論文  現代女性作曲家の諸相 国立音楽大学研究紀要 52,327-337頁 (単著) 
4. 2017/03/31 論文  J.S.バッハの「フーガの技法」-演奏上の諸問題に関する一考察 国立音楽大学研究紀要 51,351-362頁 (単著) 
5. 2016/03/31 論文  国立音楽大学におけるピアノ指導者育成 国立音楽大学研究紀要 50,289-314頁 (共著) 
全件表示(20件)
■ 演奏会・展覧会等
1. 2020/11/02 近藤伸子ピアノリサイタル(Kondo Nobuko Plays Beethoven III)(東京文化会館小ホール)
2. 2020/09/10 ベートーヴェンからのメッセージ (練馬区演奏家協会コンサート)(ゆめりあホール)
3. 2019/12/26 近藤伸子ピアノリサイタル(Kondo Nobuko Plays Beethoven II)(東京文化会館小ホール)
4. 2019/03/05 近藤伸子ピアノリサイタル(Kondo Nobuko Plays Beethoven I)(東京文化会館小ホール)
5. 2018/12/13 ドイツ学術交流会(DAAD) クリスマスコンサート(ドイツ学術交流会(DAAD))
全件表示(97件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2021/03  ベートーヴェンのピアノソナタ・ピアノトリオの研究 ―初期と中期の比較を中心に― 個人研究 
2. 2019/12~2019/12  ベートーヴェン初期ピアノソナタの書法・ピアノ技法の研究(近藤伸子ピアノリサイタル Kondo Nobuko Plays Beethoven Ⅱ) 個人研究 
3. 2017/04~2018/03  ベートーヴェンのピアノ作品の研究 -ピアノソナタ全32曲を中心に- 個人研究 
4. 2016/10~2016/10  現代女性作曲家のピアノ曲作品の研究-書法の分析を通して独自の表現を探る- 個人研究 (キーワード:女性作曲家、 現代音楽、 ピアノ)
5. 2015/11~2015/11  J.S.バッハのフーガの技法の研究 ―各曲の構造的特徴および相互連関を中心に新たな演奏表現を探る― 個人研究 (キーワード:J.S.バッハ、 フーガの技法)
全件表示(19件)
■ 学会発表
1. 2008/11/29 演奏家から見たシュトックハウゼン(シュトックハウゼン再考)
■ 受賞歴
1. 2014/12 平成26年度(第69回)文化庁芸術祭優秀賞(音楽部門)
2. 1990/07 W・カペル国際コンクール ナンシー・ミラー賞受賞
3. 1988/09 ブゾーニ国際コンクール 第6位
4. 1988/01 A・シュナーベルコンクール 第2位(1位なし)
5. 1984 文化放送音楽賞
■ 海外における研究・研修活動
1. 2017/04/01
2018/03/31
ベートーヴェンのピアノ作品
教育活動
■ 授業への取り組み
1.   実技レッスンでは、各学生の個性を伸ばす指導を心がけている。
クラス授業では、学生のニーズにあった内容と共に様々に応用できる基礎力をつけることを目指している。
■ 教育上の実践、作成教科書、発表等
●教育方法の実践例
1. 2019/01/05~2019/01/05 近藤伸子門下ピアノ発表会
2. 2018/07 ピアノフェスティバル - ベートーヴェンのピアノソナタを学ぼう
3. 2017/01/10~2017/01/10 近藤伸子門下ピアノ発表会
4. 2017/01/10~2017/01/10 近藤伸子門下ピアノ発表会
5. 2016/08 ピアノフェスティバル-バロック講座
●作成した教科書、教材
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(38件)
社会活動
■ 社会における活動・コンクール審査員・公開講座講師等
1. 2016/07 第27回彩の国埼玉ピアノコンクール(審査員)
2. 2015/07 第26回彩の国埼玉ピアノコンクール(審査員)
3. 2014/08 沼津西高等学校音楽科公開レッスン
4. 2014/07 第25回彩の国埼玉ピアノコンクール(審査員)
5. 2013/08 ヤングアーチストピアノコンクール(審査員)
全件表示(40件)
■ 所属学会
1. 2000/12~2001/09 リヒャルト・シュトラウス協会
2. 1992/04~ 日本アルバン・ベルク協会
■ 委員会・協会等
1. 2013/01~ 日本ピアノ教育連盟 研究部紀要委員